糖尿病内科・内科
医療法人永和会 東十条さかい糖尿病・内科クリニック
〒114-0001 東京都北区東十条4-5-16 HJフレール1F
TEL: 03-3914-2000
FAX: 03-3914-2003

クリニック案内

東十条駅より徒歩4分。

医院名
医療法人永和会
東十条さかい糖尿病・内科クリニック

院長
堺 弘治
住所
〒114-0001
東京都北区東十条4-5-16
HJフレール1F

診療科目
糖尿病内科、内科
電話番号
03-3914-2000
FAX番号
03-3914-2003
e-Mail
gorby@hjsakai-dmc.com

当院では新型コロナウイルス の

 PCR検査、抗原/抗体検査が行えます


発熱、咳などの症状のある方は必ず事前にお電話をお願いいたします

☎︎03-3914-2000

発熱の問診票

発熱の方は下記の問診票にご記入いただき、ご来院頂きますと時間の節約になります

新型コロナウイルスの検査について

新型コロナウイルス の検査は主に3種類あります

それぞれ何を目的にするかによって行うべき検査が違い、検体採取方法も違いがあります。

PCR検査および抗原検査で陽性となった後の治療については、第2類感染症のため、基本的には入院加療となります。

陽性の場合はこちらより保健所に連絡します。その後保健所より連絡がありますため、その指示に従ってください。


また当院は経済産業省所管の海外渡航者新型コロナウイルス検査センター(TeCOT)の新型コロナウイルス検査証明機関登録を受けておりますので、海外渡航の陰性証明が必要な際にも安心です

海外渡航の際にはTeCOTよりの指導により”院内での検体採取”が必要となりますため25,000円(税込)となります

ハワイ便に関しては当院で採用している検査方法がハワイ州が指定している検査方法に合致しませんため、当院ではお受けできません。

また中国便に関しましても「1日30人以上の検査を行うことが可能な医療機関」の基準が満たせず、指定医療機関にはなっておりません。


COCOAアプリにて「陽性者と接触した可能性があると通知を受けた方」については症状がなくても保険診療ができることとなりました。PCR検査代は公費負担のため無料ですが、初診料などで自己負担は2,000円程度になります。咳や熱などの症状のある方についてはもう少しかかりますが、およそ4,000円以下となります。

また症状がなくても同居家族など明らかな濃厚接触者保健所より濃厚接触者と認定された方PCR検査が行えることになりました。濃厚接触かどうかはこちらで判断いたしますので、お電話でご相談ください。こちらの場合は自己負担2,000円程度となります。

PCR検査

検査のゴールデンスタンダードです。もっとも精度が高いと言われています。

ただ精度が高すぎて他人に感染させないレベルでも陽性に出る可能性もあると言われています。

検体採取の方法は鼻咽頭もしくは唾液となります

当院ではPCR検査を健康保険でできる認可を受けています

下記の図を参考にしていただき、ご自分が健康保険適応となるかどうかご確認ください

感染者が増えて事前確率が高まっているため、フローを更新しました。

結果は翌朝〜翌夕方(最短6時間後)になります(検体採取の時間などによって変わります)


症状がある方の場合、保険診療となり、胸部レントゲンや血液検査なども行いますため、費用は3,000〜4,000円程度となります。


症状のある方は必ず事前にお電話をお願いいたします

☎︎03-3914-2000


また基準を満たさない方で、PCR検査をご希望の方はあらかじめお電話でご相談をお願い致します

検査ご希望の方は25,000円(税込)となります

また院内での検体採取ではなく、ご自宅で唾液検体を採取いただける方は(スタッフの感染リスクが減るため)22,000円(税込)となります。あらかじめ検体採取用のスピッツと検体のとり方を記載した説明書をお渡しします。

結果は翌朝〜翌夕方になります(検体採取の時間などによって変わります)


最短での結果/証明書をご希望の方は6時間後に結果/証明書のお渡しが可能になりましたが、その場合は別途の検体輸送料などとして5,000円追加(税込)でいただきます。



ご希望の方には当院の書式(英文も可)でよろしければ証明書無料で発行いたします 

それ以外の書式の場合は3,000円を、2枚目以降は1枚につき3,000円頂きます

団体検査をご希望の方もご相談ください。お値段もご相談に応じます。

当院では2箇所にPCR検査を依頼しています。

1カ所目はつくば市に検査センターのある江東微生物研究所ですが、この検査会社は近隣の大規模公共機関のPCRも担っていた信頼おける会社です

2カ所目は東京PCR衛生検査所となっております。こちらは東京都保健所の依頼も受けており、やはり信頼のおける会社です


抗原検査

当院で可能なのはインフルエンザの検査のように鼻に綿棒を入れ、グリグリされる抗原検査です。

ウイルスそのものを見ますので十分量のウイルスがいないと陽性に出ないと言われ、そのためPCR検査よりも精度が低下しています。

しかしこれまでの研究からPCRは他人に感染させるレベル以下のウイルス量でも検出できるとされています。抗原検査はちょうど他人に感染させる限界程度のウイルス量(100コピー程度/溶液)以上でPCRとの一致率が83%となっており、「今、ヒトに感染させるかどうか」がわかると思われます。(詳細は下の”新型コロナウイルス の抗原検査の精度について”をご覧ください)

迅速性には優れ、15分で結果が出ます。

当院では基準を満たす方についてはこちらも保険診療にて行うことができます。

肺炎症状などがあり、早急に結果が欲しい際、高熱でインフルエンザとの鑑別が困難などの際に検査を行います。

抗原検査を行うかPCR検査を行うかは医師の判断になります。


新型コロナウイルス の抗原検査の精度について(院長の見解)

 まず上の左の図をご覧ください。これはPCRの回数から考えられる元の溶液中のウイルス推定RNA量を示しています。

アメリカCDC(疾病対策予防センター)はCt値33-35ではウイルス分離が多くで不可能であったことを報告しています。

つまりウイルスが1000コピーくらいではPCRではウイルスは検出できますが、感染力はかなり低くなっていることが考えられます。


 一方右の図は抗原検査とRNA量の関係を示していますが、抗原検査は1,600 コピー/テスト以上の検体に対して一致率 100%(12/12 例)、400 コピー/テスト以上の検体に対して一致率 93%(14/15 例)、 100 コピー/テスト以上の検体に対して一致率 83%(15/18 例)であったとされています。


そのためその時点で他人に感染させる可能性のある方の検査には抗原検査でも十分と思われます。

もちろん検査の際、陰性でも感染初期で、これからウイルス量が増えていって数日後に感染性を有するようになる可能性はありますが、これはPCRについても数日の優位性はありますが同様のことは言えます。



これについては面白い記事を発見しました。

『イベントの直前に抗原検査を行えば、少なくともその直後に行われるイベント中には他人に感染させないだろう。

 そのためイベント直前に全員に抗原検査をして、陰性の人のみ入場させれば、安全にイベントを行うことができる。』

こういう使い方もあるなと、納得しました。


抗体検査

過去に自分が感染していたかがわかる検査です。

つまり今感染しているかを見るには不向きです。

「1ヶ月前の熱は新型コロナだったんだろうか?」というような際に、いい適応となります。

7月に東京の舞台でクラスターが発生した際には”抗体検査を行い陰性だから続けた”と検査の意味を取り違えて行ったために、舞台を続け、感染者が増えてしまいました。

当院でも当初は一般的なウイルスの様にIgM抗体が感染の初期に上昇し、診断に役にたつかもしれないと診断に利用していましたが、下の図にありますように他のウイルスと違い新型コロナウイルス では初期にIgMの上昇があまりないことがわかり、今は"現在の感染の診断"には使用しておりません(下の図参照)

新型コロナウイルス 抗体の検査キットIgM/IgGセット(Alfa Scientific Design社(アメリカ)製、感度97.8%・特異度94.7%)ではおおよそ10分で結果が出ます

感度とは陽性の人をちゃんと陽性と診断できる確率、特異度とは陰性の人をちゃんと陰性と診断できる確率のことです

ご希望の方は自費診療にて6,000円(税込,値下げしました)にて検査を行います。自費診療ため保険診療との同日診察はできません


また結果が出るまでに時間がかかっても良い方にはロシュ社の抗体検査も承っております

こちらは静脈採血後、検査センターに検査を依頼しますので、1-2日結果が出るまでにかかります   

こちらも金額は6,000円(税込)にて承っております

時間はかかりますが、こちらの方が感度と特異度は高いと言われています


検査を受けられて、ご希望の方には当院の様式(英文も可)でよければ抗体陰性証明書」を無料でお書きします

それ以外の書式の場合は3,000円をいただきます


新型コロナウイルス 抗体検査の精度について

コロナウイルス の抗体検査はIgMとIgGという2つの抗体を両方とも測って、症状が出現後5-7日で60%、8-10日目で75%、11-13日目で90%、14日目以降で95%が陽性になります

上のグラフのように一つだけよりも2つの抗体を測定した方が陽性率はわずかに高まります


一方症状の出始めの2-4日(「4日熱が続いたら受診してください」と言われる頃)には30%しか陽性に出ません。


つまり早期の診断には向いておらず、陽性の場合”新型コロナウイルス に罹った事がありますよ”、

陰性の場合は"2週間より前には感染していませんよ”いう事がわかる検査です。


一般的に麻疹(はしか)や風疹ではこのIgG抗体があると”その病気には罹らない”と言われていますが、新型コロナウイルス ではまだよくわかっていません。ただ抗体がある人は再感染することはあるが、重症化はしにくいという報告はあります